ポータブル発電機|消音・防音ボックス PACUT Q&A
2018/5/8更新  エコルートホーム > ポータブル発電機|消音・防音ボックス PACUT > Q&A


<ぱかっと って、なに?>

防音ボックス

PACUT Q&A
ご質問などは
こちら
EU16 EF1600 防音ボックス Pacut


発電機防音ボックス(商品名:PACUT/ぱかっと)Q&A

 対応発電機:ホンダEU16i・9i ヤマハEF1600iS・900iS ※9Ahタイプは2017年12月15日新発売
         北越工業AIRMAN HP1600SV-A1   新ダイワIEG1600M-Y デンヨーGE-1600SS-IV         


 ・防音ボックスぱかっと全般
 ・能力(性能)について
 ・アフターサービスについて
 ・防音ボックスの必要性
 ・ご利用者の声


防音ボックスぱかっと全般

 Q:発電機「防音ボックス」とは何ですか?

 A:発電機を消音するボックス状の消音です。
   安全で効果のあるものは、一昨年まで発電機メーカーのホンダが唯一販売していました。

    2016年、エコルートが新発想で、高性能の「防音ボックス」(商品名:PACUT/ぱかっと)を
   開発・販売し、現在主流となっています。



 Q:ホンダの防音ボックス(商品名:サイレントボックス)との違いは?

 A:ホンダの防音ボックスは、ただ鉄の箱に発電機を入れ、排気部分に若干の
   吸音材を入れただけのものです。

   ぱかっとは、大きな消音機能を有した排気カバー部と遮音構造を持つ本体カバー部
   で構成されており、防音効果が従来品を大きく上回ります。

   後発のぱかっとは、総重量も半分以下で、簡単な操作で使用出来き、安全構造を持つ発明品です。



 Q:「ぱかっと」とはどのような商品ですか?

 A:エコルートが2016年に新発売の、国際特許申請発明品です。
   すべての面で従来品と比較できない程で、安全・手軽(軽量)なのに、とびぬけた防音能力達成しています。
   但し、高性能なため、若干販売価格は高くなります。

   警告:発電機に箱をかぶせる防音ボックスは、権利侵害にあたるのでご注意ください。



 Q:手入れで注意することは?

 A:特に必要ありません。汚れたら雑巾などで落とす程度の清掃で十分です。



 Q:保管で注意することは?

 A:金属ですので湿気で錆させないようご注意ください。
   上に物を乗せないでください。



 Q:対応発電機は?

 A:ホンダEU9i 16i 18i、ヤマハEF900is 1600iSです。

   排気カバー接続部変更を可能にいたします。
   (エコルートによる有償改造)
   改造により、各機種への変更が可能になります。


ページトップへ戻る


能力(性能)について

 Q:特徴は?

 A:発電機の能力に影響を与えない排気カバーによる消音と、防音ボックスを被せる
   という事で軽量化と安全性を達成した特徴を特許申請しています。
   国際特許は既に済、後は必要各国へ個別申請する段階です。

   過去に前例のない「上からかぶせる方法」で、唯一の「軽量」防音ボックスとなります。

   最近早くもアイデアを真似て売ろうと、低性能の悪質なものが出始めました。
   発電機事故は大変恐ろしいものですので、低価格・粗悪品の購入は差し控えて下さい。
   その様な商品は、将来的に差止で一切の保証もなくなります。



 Q:どれくらい静かになりますか?

 A:防音型の発電機でも騒音が激しく住宅街や夜間の使用は厳しい音量です。

   ぱかっとは、その
騒音を最大で1/10(20db)の減音効果があり、数メートルの
   距離でも煩さを感じません。

   ホンダ純正防音ボックスを約3倍(10db)上回る、類比を見ない能力があります。



 Q:取扱は簡単ですか?

 A:とても簡単で、慣れれば僅か5秒でセット完了です。 



 Q:大きくて重そうですが?

 A:大きな本体カバーが9kg、排気カバーが5.8kgでそれぞれ片手で持て、
   総重量は僅か、14.8kgで、発電機と共に携行使用出来ます。

   ※ちなみに
ホンダ純正品は36kgの固定設置専用です。



 Q:材質は?

 A:安全のために吸音材以外はオール金属製です。
   吸音材も不燃・難燃材を使用しています。

   発電機は危険なガソリンタンクを有しており、その可燃・爆発の配慮・対策が必須です。



 Q:安い機種は出ませんか?

 A:製品をご覧頂くと分かるのですが、高性能を維持するために1台ずつ高度な
   手作りとなっています。
   高い性能と高い安全性を確保するため、材料・製作にコストが掛かります。

   工業製品としての価値は販売価格を大きく上回りますが、大企業ではない為、
   利益を落とし現在の価格を維持しています。
   安全性と高性能を維持する為ご理解ください。

ページトップへ戻る


アフターサービスについて

 Q:保証や将来的なメンテナンスは?

 A:製品保証は1年となり、自然故障は無償で対応いたします。
   業務使用等で、過酷な利用が確認される場合は、3ヵ月とさせて頂きます。
   保証期間以降は、有償にて修理・メンテナンスをお受けいたします。

   エコルート武蔵村山に自社工場を持ち、部品交換から溶接修理まで対応できます。
   末永く御利用できるよう体制を整えておりますのでご安心ください。

   消耗品:発電機接続部ラバー、ウレタン類、接触部樹脂テープ
        (シリアルナンバーの確認出来る方へ販売しています)



 Q:耐久性は?

 A:錆びさせなければ半永久です。

   但し、排気カバーの吸音材は長期間使用により能力が低下することがあります。
   その際は吸音材の交換が必要になり、後々もエコルートにてご対応いたします。



 Q:改造はお願いできますか?

 A:製品保証上の問題があり、ネジが潰れたなどをリベットに置き換える修理等までは
   可能ですが、製品以外のものの加工取付等は、メーカーとしてお断りしています。

   しかし、製品は加工しやすい構造になっていますので、使い勝手など自己責任に
   おいて向上させていく事は開発会社としては嬉しい所です。

   ただし、エンジンは熱と一酸化炭素の排出など
人命にかかわる危険を抱えています
   ので、十分な知識の元、事故の起きない改造をお願いします。

ページトップへ戻る



防音ボックスの必要性

 緊急・災害時や、電線の引込の出来ない場所では自立した発電装置が必要です。

 しかし、もっとも使いやすい「エンジン式発電機」は、超防音型でも騒音値が1Mの
 距離で70dbを超え、人の話し声も満足に届きません。

 一体何が防音なのかと、耳を、目を、疑いたくなるメーカーの表現で、それら発電機
 の利用は周囲に気兼ねして、なかなか使用できないものです。

 一方、それ以外の電源装置は、自然エネルギーでは安定せず、
 
蓄電池は、発電機 が無いと充電できない ので、
 やはりエンジン発電機に頼らざるを得ません。

 
実用性を考えると「エンジン式発電機」より他に手段がありません。



 何とか
周囲に迷惑を掛けないで使用できる発電機 はないものか?



 唯一、ホンダが防音型発電機をさらに防音する「サイレントボックス」という防音ボックス
 を発売していますが、固定設置型で重量があり、ポータブル発電機用としては使用
 しがたいものとなっています。
 また、防音能力もそれほど大きくなく、まだまだ十分なものとは云い難い状況です。




 そこで、エコルートでは、自社独自のノウハウを生かし実用的な高性能
 「防音ボックス」の開発に成功し、2016年より販売しています。



 今まで使用出来ずに居た環境で、エンジン発電機を誰でも手軽に大きな防音効果を
 発揮し、使用を可能としました。



 既に大勢の方が利用しており、その効果に驚嘆しています!



 = ご利用者の声 =

 「工事車両に搭載し、出先工事を静かに出来るようになった!」

 「道路工事、夜間照明用電源で近隣に迷惑が掛からなく、安心出来ます。」

 「オートキャンプで家庭用エアコンを静かに安心して使用できるようになった!」

 「プレジャーボートの電源に静かで助かっています。」

 「介護施設で大規模停電などに備えている。訓練で使用したが、簡単で、
  特に防音効果にビックリしました!」

 「医療関係ですが、急な停電に備えています。」
(無騒音発電機システムご購入)

 等々、沢山の声を頂いております。



 今後は、大きな施設での非常用や、工事現場・イベント・アウトドアで、
 「ぱかっと発電機防音ボックス」が常識となる日も近いでしょう!


 是非Q&Aでご不明点を解決し、便利なエンジン式発電機を身近なものとして下さい。



 問合せ、新たなご質問などは、kikuta@eco-rt.com 菊田までお願いします

ページトップへ戻る

= 大人気です =

ぜひ、直接見に来てください!




「ぱかっと」で、発電機防音が常識になりました!


ホンダEU9i防音ボックス yamaha EF900is 防音ボックス 排気カバー

EU18i EU16i 防音ボックス


ぱかっと、手軽に発電機を使おう!


 ページトップへ戻る

エコルートホーム > ポータブル発電機|消音・防音ボックス PACUT > Q&A

太陽光発電 オール電化のエコルート問合せ先
エコルートホーム 会社概容
Copyright ©2017 太陽光発電ならエコルート All rights reserved