ポータブル発電機用 防音装置|緊急発電
2016/4/10発 2016/4/10更新  エコルートホーム > ポータブル発電機用防音装置 > 緊急発電 
軽くて 静かで 安全な! 「ぱかっと」 かぶせる 防音装置
☆国際特許出願済☆


<本体カバー・排気カバー セット>価格 159,840税込
<本体カバー・排気ダクトADセット>価格 179,280 税込


エコルートの考え ぱかっと被せる防音装置  蓄電池と発電機 
 自家用発電機 緊急発電   キャンピングカーで発電
工事現場
露店・催事  プレジャーボートで発電



緊急発電


「東日本大震災・計画停電」 ポータブル発電機が世間に認識されたきっかけです

本来、電気エネルギーに支えられている現代、緊急時の電源確保がなされて居なかったこと自体が、社会の危機意識の低さかと考えられる

生活から、インフラ、通信手段、全て電気で賄われている現代に、緊急時の電源は確保されていない


昨年の話だが、常総市の役場が水害で送電・自家発電の電力を喪失した
送電が途絶えた際に活躍するはずの非常用発電機を一階に設置していたため、地域の情報を扱うコンピューター全てが機能せず、洪水の被害を確認すること自体不可能となった

緊急用電源を、四角四面の建築見積だけで対応しようとする結果である
柔軟にどこでも使える電気エネルギーを確保すべきだと今後は考えて行く必要がある

その考えは、国を守る自衛隊などは当然とし、消防警察などでも機動部隊にはポータブル発電機という安価で自由度の高い重要なアイテムとして装備している

しかし、地域の自治体や、一般の会社などでは今一つ決定打になっていない
何故なら、騒音問題や排気ガスの問題で、蓄電池などと天秤を掛け、結局最終プランが出ないまま立ち消え、非常用電気が確保できないままである

蓄電池などの電源はあまりに短命で継続性が無い
つまり、充電する手段が無いと1日持たない電源であり、非常用の継続的電力となりえないからだ

それと、継続は出来るが「騒々しい発電機」とを天秤にかけること自体が非現実的である

つまり、決定的な電源にはポータブル発電機が最も近く、しかしそれに届かない電源であり、現状で適した電源が無いというのが現実である



検討すべきもの

エコルートでは、地震シェルターなどの防災商品を開発したり、太陽光発電などのエネルギーの携わりなど総合的な見地から、その様な現実を直視していました

その解決方法として、検討すべきは、発電機の騒音と排気ガス問題、更に、その安全性まで踏まえたものの必要性を打ち出し、その開発を考えました

幸いに、過去の研究から、発電機防音はすでに完成したノウハウであり、それを商品化し提供することが、今後の防災に最も貢献できるだろうとの考えに至りました


商品化するうえで、更に利便性や圧倒的な性能を持たせるため研究を重ね、このほど製品化することが出来ました


製品は、防災に備えて置き、いざという時に最も信頼性の高い、実績のある、そして扱いやすい能力のホンダ16アンペアを中心にしました
そして、長期保管されても最も信頼性のある発電機を安全に簡単に、問題であった騒音や排気ガス問題を解決しました

それがこの度完成した、「ぱかっと」かぶせる防音装置です

ポータブル発電機とセットでご利用いただきます
使用方法は至って簡単で、誰しもが一度で使用方法を習得できます

実際の所、ホンダのポータブル発電機がかなり普及していますので、それの運用の為に合わせて準備頂いております


勿論、今後は合わせて新規にそろえて頂きたいものです

この100ボルト/16アンペアの発電機は、パソコンはもとより、ルームエアコンや殆どの家庭電器製品の利用が可能です
さらに、携帯電波であれば、同時に何十台もの充電も可能で緊急事態に無くてはならないものです

そして、インフラが破壊された時でも、周辺の道路環境が使えず動きが取れない自動車からガソリンを抜くことで無尽蔵に発電続けることが可能です

利便性は、ハンディータイプという自由な運搬が出来ますので、緊急の医療など急ぎ電源を移動することも出来ます

こういったフレキシブルな対応が出来るエネルギー源となる、「防音装置」との組み合わせは今までになかったことですが、性能と利便性から今後本格的にどこの緊急準備にでも利用されるものです


小さな7名前後のグループに1台備える事で、緊急時でもそれほど能力を落とさず社会活動が可能です
会社であれば、経費で総務から防災予算を取って下さい
自治体で有れば、随意で即座に備える事が可能です

先ずは、総務で採用しテストし、大規模決済を促してみて下さい

緊急設備ですので1日も早く整え、周辺へ利用の終始徹底を行い、いざという時に本領を発揮してください

自治の質の、分かれ目となるでしょう!



先ずはご相談ください

ここまで読まれても、具体的な部分で不明瞭な場合、当ホームページを一通り一読ください

組織単位ですと、コンサルティングを含めどの程度の必要規模か、専門家のアドバイスが必要となります

先ず、当社へご相談ください

無料で、採用プラン、更に大枠の防災プランまでお話しすることが可能です


どこよりも優れたというような競争ではなく、どこでも、災害の覆いの本ならではの助け合える必要で丁度良いご提案を致します

ここをご覧の役場担当者、防災意識の高い議員様、企業の総務防災担当者様、そして、大勢の生活を守る経営者様、先ず気軽にご連絡ください

エコルートは小さくても、大きな知恵で日本の底力となるご提案を差し上げます


実際の災害時、貴方の組織も助かりますが、先ず、貴方の仕事を助ける発電システムです
発電機と防音装置のセットで供えて下さい

発電機は用意されているけど試したことが無い場合、先ずその騒音を確かめて下さい
そして周囲で同じように発電機を回された場合、その騒音で、誰も仕事が出来ず、周辺からはストレスの積み重なった苦情処理が先に立ってしまいます


発電機、防音装置、関連備品をそろえても35万円程度です
災害時の利便性を考えたら、何よりも優先しそろえて置きたいですね!


その設備があれば、万が一被災したとしても、天国と地獄の差が出る事は明らかです

準備は一日も早く!、災害は一日でも遅く来てほしいものです




 是非、価値ある防音装置を 手に入れご活用下さい!


 ご質問などはメール、お電話など、気軽にお問い合わせください
 太陽光発電お問い合わせ

 現金ご注文は、フォームより必要事項をご記入の上送信してください
 

 折り返し、金額を入れたご注文書を返信いたします
 注文書を確認の上、サイン捺印し、FAX又はコピーをメールでお送りください 
 記載の口座へご送金頂きご注文予約となります

 商品が整いましたらご連絡の上、宅配便にてお送りいたします 

 カードご利用は、エコルートストアをご利用ください

   
 
 購入は、各 エコルート・ストア、エコルートダイレクト特価販売(現金)でどうぞ!


 ● エコルートは 「木曜定休」 です


ページTOPへ

ポータブル発電機用防音装置|消音・防音ボックスへ戻る

エコルートホーム > ポータブル発電機用防音装置 > 緊急発電 
太陽光発電 オール電化のエコルート問合せ先
エコルートホーム 会社概容
Copyright ©2016 太陽光発電ならエコルート All rights reserved